面倒くさいけど行かないのも怖い健康診断の結果

問診票と聴診器とりんご

健康診断、あなたは欠かさず受けてますか?

「会社で実施してるから仕方なく受けてる」
「面倒だから受けてない」

いろいろあると思います。

僕も「今年はいいかな」と思っていたんですが、実施日の終了が近づくにつれ何となく不安になってきます。

もしかしたら、何か病気が隠れているかも・・・
発見が遅れて取り返しのつかないことになったら・・・

などと考えてしまうわけです。

で、結局、ギリギリの段階になって自治体で行っている健康診断に行ってみることにしました。

健康診断を受けてみる

健康診断自体は毎年行っていることなので、もうだいぶ慣れてきました。何をされるのかも把握できてますしね。

僕の場合は、受付→尿検査→血圧測定→採血→身長体重測定→問診→心電図検査という感じで受けました。

注射が苦手なので採血はいつでも嫌なものですが、それ以外は特に苦痛はありません。
採血をして検査結果が出るまでに30~40分くらいかかるので、それまで待たされるのが退屈ですね。

血液検査の結果を元に、お医者さんと1対1で話ができるのはありがたいです。
疑問に思ったことをその場で確認できるのはいいですね。

今回の血液検査では、ほぼ問題なかったものの、肝機能のASTの数値が32と要注意レベルでした。

うーむ・・・
今まで肝臓で異常が出たことはなかったので、何だか腑に落ちませんが・・・
アルコールも飲まないので何が原因なのかな。

ただ、お医者さんは、ASTの数値はあまり気にしなくていいと言ってました。ふーむ・・・

今まで経験のない数値が出てくると、ちょっと不安にはなりますね。

その後の郵送による結果

それから、2~3週間くらいで郵送でもう少し詳細な結果が送られてきました。

毎年送られてくるものではあるんですが、またしても不安になる文字が・・・

不整脈(疑い含)

な、なんですと!?

これも今回初めて出くわしたもの。

不整脈、心臓の脈拍が通常とは異なるタイミングになるわけですよね。

これはどうなんだろう・・・
自覚症状がないので大丈夫だとは思いますが、不安になりますね。

機会があったら、病院で訊いてみようかな・・・

その他に気になったのは、欄外にちっちゃく『溶血 1+』とありました。

調べてみると、何かの原因で血液中の赤血球が壊れると、こうなるみたいですね。
何か病気があるとかそういうことではなく、採血中に物理的な衝撃があると生じるようです。

また、溶血になると、肝機能の数値が高めに出る可能性があるとのこと。
ということは、ASTの数値が高めだったのはこのせい!?

さいごに

ということで、今回の健康診断も全て正常とはいきませんでした。

今までも、中性脂肪だったり、血糖値だったりの数値が要注意レベルで高いことが多くて、なかなか全部正常値とはいかないんですよね。

次回こそは心配事ゼロにしたいものです。

それにしても、不整脈はちょっと気になりますね・・・


今は少し離れてしまったDEENについて語ってみる

楽譜とボールペン

僕がDEENファンになったきっかけは、13枚目のシングル『夢であるように』を聞いた時。

この曲は、テイルズオブデスティニーのテーマソングになってるんですが、ゲームの発売前にオープニングムービーを見る機会があって、そこで流れていた曲に釘付けになってしまったんですね。

「この曲、すごくいいなあ」

その当時はDEENをほとんど知らなかったんですが、妹に訊いたら結構有名なアーティストらしく、確かに調べてみたら、ヒット曲を連発していました。

「へー、結構すごいんだ」

いずれにしても、それからDEENにのめり込んでいったわけなんですね。

ほどなくして発売されたベストアルバム『SINGLES+1』を買って、DEENのヒット曲を聴きまくりました。

その後は、2ndアルバム『I wish』に収録されている『君の心に帰りたい』『少年』の心震わせる完成度の高さに衝撃を受けたりしました。

そして、3rdアルバム『The DAY』のあたりから、ライブにも何回か足を運ぶようになりました。

この頃文通(!)で知り合ったDEENファンの人と初めてライブに行ったのをおぼろげに覚えています。いやはや、かなり緊張していたような。
この人とはその後、残念ながら疎遠になってしまいましたが、楽しい思い出ですね。

宇津本さんの脱退は衝撃的でしたが・・・

そんなこんなでDEEN生活を満喫していたわけですが、はまっていたのは4thアルバム『’need love』まででしょうか。

その後のカバーアルバムから、何か違うなと感じるようになってしまいました。

そう思ってしまうと、心が離れてしまうのは坂道を転がり落ちるように早くて、アルバムは買っていたものの、今までのように何度も繰り返し聴くことはなくなってしまいました。

そして、『ROAD CRUISIN’』を最後に、ついにアルバムも買わなくなってしまいました(;;)

そんな中でも、『永遠の明日』は名曲ですね。
今もカラオケで歌ってます。

そういえば、田川さんも脱退してしまったんですよね。

いろいろな事情があるのでしょうが、かなり驚きました。
3人になって長いですし、この3人でずっとやっていくものと思っていたので。

なんというか、ふと時の流れを感じてしまいますね。

初めて行ったライブが横浜アリーナだったんですが、この時は1人で行ったんですよね。
でも、本当パワフル&ソウルフルな演奏に、1人でも充分楽しめました。

終わり際に、池森さんがマイクなしでメッセージを叫んだのをいまだに覚えてますね。
ただ、どんな言葉だったのか忘れてしまった・・・「ありがとう!」だったかな?

あの時4人だったDEENも、今は池森さんと山根さんの2人になって、また新たなDEENになっていくわけですね。

ノスタルジーというか、なんだか感傷的な気分になってしまいました(;;)

ということで、まとまりのない話になってしまいましたが、これからはもう少しDEENの動向をチェックしていきたいと思います。


【金沢】烏鶏庵の烏骨鶏かすていら 人気の理由と口コミ・評判まとめ

日本には数え切れないほどの極上スイーツがありますが、石川県金沢市にある金澤烏鶏庵(うけいあん)も注目したいお店です。

烏骨鶏(うこっけい)が産んだ卵を使ったスイーツはまさに絶品。
プリン、バームクーヘン、デニッシュパンなど、さまざまな商品を開発販売しています。

中でも『烏骨鶏かすていら』は人気の高いロングセラー商品。テレビ番組で紹介されたこともある至極の一品なんですね。

烏鶏庵や烏骨鶏かすていらの特徴をまとめてみました。

天来烏骨鶏の卵を使用!

金沢の大地で育まれた天来烏骨鶏(てんらんうこっけい)の卵を使用しています。烏骨鶏は繊細な鳥で飼育は大変ですが、自然に近い環境で育てています。卵も週に1個ほどしか生まないため、とても稀少。栄養豊富で濃厚な味わいです。そんな卵で作ったスイーツがおいしくないわけがありませんよね。

徹底した管理と気配り!

食の安全が叫ばれるようになって久しいですが、烏鶏庵では細心の注意を払って天来烏骨鶏の飼育にあたっています。例えば、スタッフが鶏舎に入る際は必ず靴の消毒を行い、細菌が入り込まないようにしています。飼料も外部から調達するのではなく自社で配合して、烏骨鶏の体調を見ながら与えているんですね。烏骨鶏を愛するからこそ、大切に育てているわけです。

ギフトにも最適!

烏骨鶏かすていらは、自分へのごほうびとして食べるのはもちろん、ギフトにも喜ばれるスイーツです。中でも金箔が施されたカステラと“祝”の文字が入ったカステラのセットは贈り物にピッタリ。上品な口どけとほのかな甘さが口の中で広がるこのおいしさを、いつもお世話になっている人にも味わってもらいたいですよね。ギフト用の包装や持参用の紙袋の用意が可能です。

烏鶏庵のご利用ガイド

支払い方法

代金引換(手数料330円、5,000円以上の購入で無料)
クレジットカード

送料

550円~1,870円(地域により異なる)
1配送につき5,000円以上の購入で送料無料
クール便送料は+330円

発送

通常3~7日でお届け
繁忙期はそれ以上かかる場合も

烏骨鶏かすていらの口コミ・評判

貴重な烏骨鶏の卵を使ったカステラ。
はたしてどんな味なのか、評価・評判を調べてみました。

満足な評価

決して甘すぎない洗練された味です。
みずみずしさもあっておいしかったです。

繊細な歯ざわりで、非常においしかった。
満足度は高いです。

内祝いで贈ったのですが、すごく喜んでもらえてホッとしました。
ギフトにもおすすめですね。

おいしかったので、感謝の気持ちを込めて知人に贈りました。
包装紙がオシャレで、高級感があっていいですね。

手土産にもらえたらめちゃめちゃ嬉しいです。

今までに食べたことのない濃厚な味わいに驚愕しました。

卵の風味をしっかり感じられておいしいです。
甘さも控えめで食べやすいですね。

イマイチな評価

おいしいはおいしいですが、値段相応かといわれると微妙な気がします。

サイズが小さいのが残念。

まとめ

やはり「おいしい」という声が多かったです。
烏骨鶏の卵を使っているので、普通の卵とは違う感動の味わいがあるんでしょうね。

一方で、価格やサイズに不満があるという声もありました。
烏骨鶏はとても貴重な鳥で卵も毎日産むわけではないので、どうしても価格は高くなってしまいます。
この辺は、あらかじめ考慮しておく必要があるでしょう。

それでも、烏骨鶏の卵を使ったカステラは、一度は食してみたいですよね。
濃厚でとろけるような味わいは、やみつきになりそうです。

いつも頑張っている自分へのごほうびや、お世話になっている人へのプレゼントに喜ばれるスイーツです。


【クロネコヤマト】宅配便ロッカー(PUDO)を使ってみた!【佐川】

荷物の受け取りイメージ

昔はヤマト運輸の受取時間が、一番遅いもので20時~21時だったんですよね。

20時という遅い時間と、1時間だけ気をつけていればいいというのが個人的にはありがたかったです。

荷物の受け取りって2時間枠が多いですけど、この間のどの時間に来るかわからないのって結構不便だったりするんですよね。
おちおちトイレにも行けないので。

・・・いや1回あったんですよね。
大きい方をしていたらピンポーンって。

それ以来、トイレにも行きにくくなってしまいました。
お腹痛いのを我慢しながら荷物を待っていたこともあったり(^^;)

というわけで1時間枠というのは重宝してたんですが、残念ながら、今は人手不足の影響もあって、19時~21時になってしまいました。

そんなこんなで、荷物の受け取りって結構大変だよなあと感じることが多かったんですが、最近は、ロッカーで荷物を受け取れるサービスが出てきたんですね。

その名もPUDO(プドー)ステーション!

いやはや、ちょっとボーッとしてると、世の中って結構な速さで進化していきますね。

これって結構便利なのではということで、早速利用してみることにしました。

宅配便ロッカー(PUDOステーション)の使い方

pudoステーション 開始画面

ヤマトと佐川で利用したことがありますが、基本的な使い方はどの宅配便でも一緒です。

到着連絡メールが届いたら、指定の宅配便ロッカーに行き、画面の指示に従って入力します。

pudoステーションの操作画面

『受け取り』をタッチ。

pudoステーション パスワード入力画面

メールに記載の解除用認証コード(パスワード)を入力。

pudoステーション サイン記入画面

指でサインを記入。
ちょっと書きづらいですが、文字の判別ができれば問題ないでしょう。

pudoステーション 終了画面

すると、パカッとどれか一つ扉が開くので荷物を取り出します。
荷物を取り出したら、何も入っていないことを確認して扉を閉めます。
これで終了です。

ということで、難しくなく簡単でした。
日中家にいることが少ないという人にとっては、便利なサービスですね。

ロッカーのスペースはそこまで広くはないので、あまりに大きな荷物の場合は利用できないと思います。
あまりに大きいと持って帰るのも大変ですしね。

小さめの荷物の受け取りに便利ではないかなと。

PUDOステーションで荷物を受け取るには?

宅配便ロッカーで荷物を受け取るには一手間必要になります。

クロネコヤマトの場合

ヤマトの場合は、あらかじめクロネコメンバーズに登録しておく必要があります。

クロネコメンバーズに登録してあれば、荷物が発送された際に、宅急便お届けのお知らせメールが届くので、そこから受取先の変更が可能です。

佐川急便の場合

佐川の場合も、WEBトータルサポートに会員登録しておく必要があります。

しかし、残念ながら、事前に荷物の受取場所を変更することができません。

荷物を受け取れずに不在票が投函されると、不在通知の連絡メールが届くので、そのメールから受取先の変更をすることができます。