蚊に刺され まどろみ破る 夜更けかな

豚の蚊取り線香とうちわ

日本の夏は本当に暑いですね。

昼間は昼間で大変なんですが、夜も蒸し暑さで寝苦しくて、眠りに入るのも一苦労だったりします。

この寝苦しい夏の夜をさらに苦しめるのが・・・ぶ~んと嫌な羽音を響かせる蚊。

さあ眠ろうと思ったら、耳元でぶ~んと音がして飛び起きることもしばしば・・・

蚊は小さい上に飛び回っているので、なかなか見つからないのもイライラしますよね。

それでも、眠る前であれば対処のしようもあるんですが、眠った後に刺されるともうどうしようもありません。

最近の蚊は賢くなったのか(?)、日中はあまり姿を現さないような気がするんです。
きっと、目に見えないところに隠れてるんでしょうね。

で、寝静まった後に、どこからかやってきてゆうゆうと食事にありつく。

本当腹が立ちますね(^^;)

就寝中蚊に刺されると、眠りながら「なんだかかゆいなあ」と蚊に喰われた箇所をかき始めるんですよね。

半分眠った状態で「かゆいなあ」と思いながらしばらく過ごして、ハッと目が覚める。

で、かゆい箇所を見ると、少し赤くなっているんですよね。

そのまましばらく待っていると、次第に膨らんできて、白っぽいような赤く腫れた状態になってしまうわけです。

だから、症状を見ると、指された直後に目が覚めてるんですね。
どんだけかゆいんだ?(^^;)

時計を見ると朝の4時。

仕方なくテレビをつけて、頭をボーッとさせながらも、周囲を見回して蚊が飛んでいないか目視で探します。

ここで運良く見つかれば、左右から強烈なハンドプレスをお見舞いするわけですが、なかなか見つからないことが多いです。

最終手段として、アースの『おすだけノーマットスプレー』をシュッと一吹きします。

このスプレー、かなり強力です。

部屋に一吹きして、早ければ5分もすれば、ヨタヨタと弱った蚊が床でうごめいていたりします。

ここまで来れば、安心して眠ることができますね。

最初からスプレーを使えばいいといえばいいんですが、薬はできるだけ使いたくないですよね。

だからなるべく使いたくないんですが、とはいえ、蚊に刺されて目が覚めて睡眠不足になるのも嫌なもの。
就寝前に目にしたら、使うようにはしています。

この季節は、2~3日に1回は蚊に遭遇するような気がします。

いったいどこから侵入してるんだろう・・・?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする